毎日旅人

仕事しながらの子育て、外国人留学生のホストファミリー、そして最近始まった夫の闘病など、日々の色々を綴っていきたいと思います。

お弁当

我が家のホームステイヤー、蘭蘭。
最初の申し込みでは「平日2食、週末3食付きプラン」だったので、最初の頃は私は彼女のお昼は関与せず、彼女は毎朝コンビニやパン屋などに寄ってお昼ご飯を調達して学校へ行っていたようです。

ところがそのうち、朝コンビニなどに寄る時間が惜しくなったようで、前日の夜に次の日のお昼ご飯をコンビニに買いに行くようになりました。

そしてそれをせっせとお弁当箱に詰めなおして持っていくのです。

それを見ていたら、なんだかかわいそうになってきて、1ヵ月を過ぎたころから私が彼女の分のお弁当も一緒に作ることになりました。

 

f:id:somtam555:20180909140025j:plain

だいたいこんな感じ。これにフルーツを少し付けたものを持っていきます。
学校の食堂もあるのですが、一緒に食べる子たちが皆お弁当派らしく、利用しにくいのだとか。

 

ホームステイを斡旋してもらっている所からは、「2食付きのプランの人に3食目を提供するときは本人から直接代金をもらってください」と言われていて、他のファミリーさんたちがどうやってお金を受け取っているか(月ごとに請求したり、その都度貯金箱に入れてもらったり・・・)教えてもらっていました。

最初、私の作る弁当にいくらの価値があるのか・・・とお金をもらうのもなんだか気が引けるなあとは思ったのですが、まあ面倒なお弁当を責任をもって毎日作るために仕事にしようと、1回200円もらうことにしました。
お弁当代は月末にまとめて封筒に入れてもらうようにしています。

でも、蘭蘭は結構好みをはっきり言う子なので、あまり同じものをずっと入れていると、「〇〇はもう入れなくてもいい、飽きた」とか言われるのでちょっと大変。
最初の頃は食事についてももっと色々言っていたような気がしますが、だんだん慣れたのか諦めたのか、最近はそんなに頻繁には言わなくなりましたが・・。

母から「出されたものは文句言わずに食べなさい!」と言われて育ってきた私は、ちょっとむっとすることもありますが、まあ異国で口に合わないものもあるでしょうし、高校生だから好きなものを勝手に食べに行くという事もできないでしょうから、、となるべく彼女の好むものを入れてあげようと頑張っています。

まあ、食事に関しては、ホストファミリーをするにあたって一番難しい所ではあると思います。これまでホストをしたことがある人と話すと、やっぱり一番は食事ネタで盛り上がりますし。特に小学生とかの子どもを預かると、知らないものには一切手を出さないというケースも多いみたいで、苦労されるみたいです。うちは受け入れてきた子たちの中では蘭蘭が最年少なので、これくらいで済んでいるのはまだいい方なのかもしれません。

どこの国の人も、やっぱり自分の国の料理が一番おいしいですもんね。