毎日旅人

仕事しながらの子育て、外国人留学生のホストファミリー、そして最近始まった夫の闘病など、日々の色々を綴っていきたいと思います。

胃カメラ

うちは35歳を超えてからは夫婦で必ず夏に健康診断を受けることにしていました。
長い間私は夫の扶養家族になっていたので、私の分も夫の会社が受けさせてくれるんです。

 

ところが、今年は迂闊にも扶養を出てしまい、私の健康診断は自分で受けなくてはならなくなってしましました。
とりあえず市から送られてくる補助券を使って集団検診に行く予約はしているのですが、驚いたことに市の検診では胃カメラは対象外!なんで?!


私は胃カメラバリウムも経験済みですが、結局どっちも辛いし、胃もあまり丈夫ではない(よく炎症起こしてるらしい)のでこの数年はどうせならと胃カメラを選ぶようにしていたというのに!
だってバリウムで再検査になったら胃カメラやらなきゃいけないわけだし、だったら最初からカメラ飲んだ方が良い。

 

どうしよう。
でも自費で胃カメラ検査すると高いんだろうし・・・。

でも夫の事があってからはとにかく自分も健康でいなければ!と思う気持ちが大きくてなんとか胃カメラもしておかなければ・・・と思っていた矢先。

 

胃が痛くなってきました。(笑)

 

そうだ、このチャンスに内科で胃カメラしてもらおう。
胃が痛いと言えば、保険診療でやってもらえる!

 

早速近所で胃カメラをしてくれる内科を調べ、行ってきました。
そして「最近胃が痛い。前回検査したのは1年前」と言うと、とても丁寧に腹部エコーで見てくれました。エコーでは特に悪いところはなし、ということで次回胃カメラもしましょう、と私の企み通りに事は進みます。

ちなみに今まで私がやった胃カメラは麻酔なし鎮静剤なしの所だったのですが(鎮静剤は希望すれば打ってくれるらしいが打つ人は少ないと言われ、なしで受けたところそこまで辛くなかったので打たずにずっとやってた)、この内科は麻酔で完全に眠らせた状態で調べてくれるらしい!

なんてありがたい所なんでしょう!

 

後日、予約された時間に病院へ行き検査を受けてきました。
のどにシュッと麻酔のスプレーをされて診察台に横になって注射をされ、10秒数えたくらいで記憶がありません。

 

・・・気が付いたら別室で横になっていました。

 

あれ?ここまでどうやって戻ってきたの???

看護師さんに聞いたら、自分でちゃんと歩いて戻ってきたそうです。

 

・・全く記憶がございません

 

 

酔っぱらって記憶がなくなる人ってこんな感じなのでしょうか。

私はお酒は全く飲まないのでこういう経験は初めてでした。

 

 

それにしても、なんて楽なんでしょう。
今度からカメラ系はこの病院にお願いすることにします。

 

結果は異常なし。
ずっと前ピロリ菌がいて除菌してるんですが、菌がいた跡もきれいになってきているそうです。

だけど胃癌になるリスクは持っているという事なので、年に1度の胃カメラは勧められました。ちなみにバリウムの検査では初期の胃がんは見つけられないそうです。

 

ちなみに胃カメラの料金は保険診療で5千円未満でした!普通に検診でお願いしたら1万円以上したと思います。

 

しかしあの胃痛はなんだったのか?
単なるストレスなんでしょうか?

まあ、これからは特に自分の健康状態には敏感でいようと思います。