毎日旅人

仕事しながらの子育て、外国人留学生のホストファミリー、そして最近始まった夫の闘病など、日々の色々を綴っていきたいと思います。

私のホームステイ体験2 トロント編

私のホームステイ体験①に続きまして今日は私の2度目のホームステイについて。


私が2度目のホームステイをしたのはカナダ最大の都市、トロントです。
前回バンクーバーに行ったので、次は違うところに行ってみようとしたわけです。
私がトロントに行ったのはもう20年ほど前のはるか昔のことですが、バンクーバートロントでは雰囲気が全く違いました。そもそも同じカナダと言っても時差が3時間くらいありますからね。
バンクーバーにもたくさん外国人がいましたが、アジア系がほとんどだったような。
でもトロントにはありとあらゆる人種がひしめき合っていて驚かされたものです。

ここでは1か月ホームステイをしたのですが、私がステイしたのは街の中心部へも歩いて行けちゃうくらいの距離の住宅街にあるお宅。バンクーバーは郊外のゆったり一軒家でしたが、こちらは都会の一軒屋。3階建ての少し古い家でしたので、こちらは土足でした。
お母さんと14歳の娘との2人家庭に大きな犬と猫を飼っていて、お母さんはもちろんフルタイムで働いています。娘の方もほとんど家にいなくてほとんど話した記憶がありません。名前も覚えてないくらいに・・・。
3階に2部屋あって、そこを常に留学生に提供している感じでした。
とにかくお母さんも娘も忙しくて、朝どころか夜も一緒にごはんを食べたのは何回あったか・・・。
一緒に同じ家にホームステイしていたメキシコ人のアナがいなかったら、紹介してくれた学校に文句言ってたかもしれません。「これはホームステイではない!」と。

そういうわけで、私の2度目のホストファミリーははっきり言って「はずれ」でした。
これがずっとずっと楽しみにしていた1回目に当たっていたら本当にがっかりしたと思いますが、幸いこの時は最初の1か月だけのホームステイだったしアナがいたので割り切れました。

こんな風に外国人と交流する気もそんな時間的余裕もないくせにただビジネスとして留学生を受け入れている人たちがいるのも事実です。
また、そんなつもりはなくても、やっぱり相性が悪くてということもあるし、こればっかりは何とも言えません。私の場合は1度目のホストがすごく良かったので、2度目がはずれだったからと言ってカナダやカナダ人を嫌いになるようなことはありませんでしたが、もしこれが、最初だったら・・・?私は次もカナダに来たでしょうか?