毎日旅人

仕事しながらの子育て、外国人留学生のホストファミリー、そして最近始まった夫の闘病など、日々の色々を綴っていきたいと思います。

異国の食事

蘭蘭の帰国まであと約1週間になりました。
あっという間だな~。

 

最後の1週間は蘭蘭の好物ばかりを作っていこうと思っています。
いや、1年半のホスト生活、何が大変だったかと言われれば、やっぱり食事面のことが一番大変だったかなと思います。
ま、たいして料理上手でもない私の料理を毎日食べた蘭蘭にとっても大変だったろうけど(笑)。

 

思えば、蘭蘭は最初の頃は食事についてあれこれ口出ししてくる子で、正直ちょっと面倒くさいと思ったこともしばしば。

 

「中国ではこれはこうやって食べる。その方がおいしい」だの「これは塩を使いすぎだから体によくない」とか、結構きびしい指摘をしてきていました。
正直私はそれすっごい嫌でストレスだったんですよね。

 

もし料理上手な人なら「そうなんだ、じゃあやってみよう」とか「だったらこれはどうだ!」とかそれを励みにしてプラスに持っていくことができるんでしょうけど、私はもともと料理もあまり興味ない人なので、ほんとただ嫌でした。

 

よくこれから外国に行く人に、「現地に行ってから日本では、日本では、っていうのは嫌われるからやめなさい」と言っているのを聞きますが、確かに言われた方は嫌です、これ。

 

まあ、私も言われっぱなしでは癪なのでできないことはできないと言うし、食べられないものは仕方ないけど私たちは食べるから、食べたくないものや食べられないものは言ってねと伝えていました。

ま、結局彼女が嫌いなものは極力出さないようにはしていましたけどね。

 

けど、彼女もだんだんそういう事を言わなくなったってことは、少しは彼女も成長したんでしょう。土日は自分が好きなものを買って来て好きな時間に部屋で食べてたみたいだし、時には自分で食材を買って来て朝や昼に作って食べたりもしていました。

そう、自分が食べたいものはそうやって勝手に食べてくれればいいんですよ。

 

異国の料理を毎日食べ続けるのって結構大変だと思います。私も外国に住んだ事があるから分かります。時々無性に刺身が食べたくなったりとかするんですよ。
誰にとっても自国の料理が一番なんですよ。数週間なら異国の料理もおいしく毎日食べられると思いますが、何ヵ月もってなるとそりゃ辛い時もあったでしょう。
彼女もよく頑張ったと思います。

 

 

現在、彼女の最終日に渡すアルバムをこっそり作成中です。

 


彼女は学校の試験がようやく終わったので、最近はラストスパートでよく放課後に遊びに行っています。最後にたくさん楽しい思い出を作ってる様子です。
最後の週末も予定がなければどこかへ連れて行ってあげようかなと思っていましたが学校の友達と遊ぶと言っていたので私たちは何もしなくても良さそう。

 

部屋も徐々に片づけているみたいですが、同時にお土産などが増えてるから、結局量は減ってないような・・・?大丈夫なのか?

最後の日にお母さんが中国から迎えに来られるそうで、一緒に食事をと誘われています。うちに招待してうちでご飯を食べた方がいいかなと思っていたんですが、蘭蘭がすでにお店を予約しているというのでお任せすることにしました。

9月からはまた別の国に行かせるとはいえ、しばらく娘と一緒に過ごせるお母さんも蘭蘭の帰国を心待ちにしているんじゃないかな。

 

さあ!今日の夕飯作ろうっと。
今日はみんな大好きなハンバーグ!
これはどこの国の人にも好評です。

あと2週間

蘭蘭の帰国まであと2週間になりました。
部屋はその後特に片づけられた形跡もなく、その代わりに帰国前にと色々買い物したものがさらに増えているような気もするこの頃。

 

7月末には短期で別のゲストが来ることになっているのですが、今年もまたアメリカ人が来ることになりました。なんだかんだとやっぱりアメリカ人が多いな~。
これで我が家に来るアメリカンは7人目。

どんな人なのか詳細はまだ分からないけど、楽しみです。

お弁当

気が付けば6月ももう最終週!

蘭蘭の荷造りはこないだゴミを3袋程出してからとりあえず落ち着いていますが、見えるところにはまだまだ持ち帰れないだろうと思われる量のものがあふれております・・・。大丈夫かな~。

 

最初の頃は朝ごはんは娘と私と同じ時間にゆっくり食べていたのですが、だんだん起きる時間が遅くなり私が用意していたものをタッパーに詰めて学校に持っていくようになっていたのですが、この春くらいからは持って行ったり持っていかなかったりするようになってきたので「(朝ごはん)いるのかいらないのか分からないから私はもう用意しないから自分でやってね」と伝えました。
せっかく用意していたのに手を付けずに行かれたりするともったいないしね~。

本来ゲストの朝ごはんは「私たちと一緒に食べるなら私(ホストマザー)が用意するけど別時間になる場合は自分で好きに食べること」というのがルールだったんですが、蘭蘭の場合最初は一緒に食べてたのが、徐々に食べなくなったのでなんとなく自分でさせるタイミングを逃していたんですよね。

 

そんなわけで最近は自分でパンを焼いて持っていく日もあれば何も食べずに出かけることもあります。ささっとシリアル食べて行く日もあるし。

しかし学校に朝食を持って行ってどのタイミングで食べているのかは未だ疑問ですが。

 

f:id:somtam555:20190624143818j:plain

今日のお弁当。

蘭蘭は白いご飯を食べません。
カレーとかの時は食べるけど、普通の白米は食べなくて夕食のときとかもおかずだけしか食べないんです。
最初の頃はお弁当は普通に白ご飯を詰めてたんですが、ある時から「ごはんを食べると眠くなるからパンにしてほしい」と言われ、蘭蘭のだけお弁当はパンになりました。

夫はおむすび派だし、蘭蘭はパンがいいと言うし、夫は卵焼きがいいけど蘭蘭はゆで卵がいいって言うし、本当に好みが違って面倒くさいったら。
卵に関してはどっちかに偏らないように交互に入れております。

 

こうやってお弁当を作るのもあと数週間!
頑張れ私~。

 

蘭蘭はもうすぐ試験なので相変わらず部屋に籠って勉強しています。

あと、中国に持って帰るのに色々なところで頼まれている買い物もたくさんあるらしく、「試験が終わったら爆買いに行く」と言っていました(笑)。
娘は蘭蘭が何を買うのか興味があるらしく「ついて行く」と言ってます。

化粧品とか医薬品とか、血のつながらないおじさんおばさんたちから色々頼まれているらしい。中国の人って血縁関係ないのに家族みたいなつながりの人多くない?
いや、買い物もいいけど、ただでさえ荷物多いんだからちゃんと持って帰ってよ~。

 

やっぱりそれが心配。

資格試験

前回書きましたが蘭蘭の部屋の片づけは少しずつ進んでいます。

こないだ古紙リサイクルの日にはたくさんのノートや本が出てきました。英語や中国語の本がたくさん出てきてぱらぱらとめくってみるとマーカーでラインが引いてあったり書き込みがしてあったりしてすごく「勉強しました」感が伝わってくる!

 

やっぱり部屋に籠ってきちんと勉強してたんだな~と感心する私。
私もちゃんと勉強しないとな・・・と、刺激を受けました。

 

やっぱりこうやってちゃんと頑張ってる人が周りにいるのっていい影響を受けるものですね。

 

友達が子供と一緒に英検を受験するとかいう話を前に聞いた事を思い出し、よし、私も英検準1級にでもチャレンジしてみるか・・・と思ったものの、HPで過去問を見てあっさり脱落。

 

単語難しすぎ。

 

 

英検は学生時代2級まで取りましたが、大人になってからはもっぱらTOEICばかり受けていました。TOEICと英検ってやっぱり内容が違いすぎるよね・・・。

TOEICはビジネス、英検はアカデミック。

 

英検も準1くらいになると受験料もかなり高くてTOEICとさほど変わらないし、英検は落ちたら何も残らないけどTOEICは点数で出るから合格不合格がないし、2次の面接とかもないから気分的にも楽。

TOEICで取ったスコアが他の資格試験ではどのくらいの級や点に相応するのかという表があって、それでみると私のTOEICのスコアでは英検準1には値するはずなんだけど、とても英検準1に合格できる気がしないのは何故???

 

今後大学入試で英語の試験を民間試験のスコアで代用できるようにすることに反対している専門家の記事をこないだ読んだのですが、そこでも民間の色々な種類の英語の資格試験はそれぞれ特徴が違うのに、違う試験を受けてどうやって比較するんだという事が書いてあったっけ。体力を測定するのに、「握力」と「持久力」で比較するようなもんだ、みたいな事が書いてありました。

まあ一理あるとは思う。

 

ま、とりあえず、今私に必要な単語は英検などの資格試験のための単語力ではなく、ボランティアで使える役立つ単語力だわ、と思い直したところです。

さ、ぼちぼち覚えよう!

荷物整理

蘭蘭が来た時、すっごい量の荷物を持ってきたと以前書きましたが、果たしてこれを1人で持って帰ることができるのかどうか、という疑問。


 

ただでさえすごい荷物でやってきたのに、この1年間でクッションだのアロマディフューザーだの結構かさばりそうなものも購入してきております。

5月の連休の時にいらないものは持って帰ったと言っていますが、何が減ったのか私には分からない状態・・・。

 

どうやら帰国時はお母さんが迎えに来てくれるそうなのですが、それにしても2人でも多分全部持って帰れないだろうな・・・といつも蘭蘭の部屋を掃除しながら思ってました。

 

昨夜恐る恐る「あの荷物、全部持って帰れそう?」と聞いてみると、

「多分たくさん捨てると思う。服は寄付するところがある?」

と聞いてくるので、あまり古着を寄付するところは聞いたことがないから冬服とかでいらない服はもう袋にまとめて出すように言いました。

 

ブランドものやきれいな服なら古着屋さんにもっていけばいいかもしれないけど、あんまりないよね・・・?

私が不思議なのは、化粧品とかは結構高いものを平気で買ってくる割に洋服にはあまりお金をかけない蘭蘭。これもう捨てたら?と思うような服をいつまでも着てます。若いうちは何もしなくても肌は十分きれいなんだからもっと洋服にこだわる方が手っ取り早くかわいくなれると思うのですが・・・。

ま、そこも価値観なので何も言いませんが。

とにかくあと1ヵ月ないわけだし、間際になると色々忙しくもなるだろうから今のうちにいらないものは片づけよう、という話をしました。

 

大量のゴミが出そうな予感です。

初夏のような週末

土曜日は友達と出かけた蘭蘭ですが、日曜日は何も予定がないというので久しぶりに一緒にお出かけしてきました。

 

f:id:somtam555:20190610093855j:plain

海辺のレストランへ。
テラス席でいい風が吹いててとても気持ちが良かったです。

 

そのあとちょっとドライブして山まで滝を見に。

 

f:id:somtam555:20190610093904j:plain

滝の下では子どもたちが楽しそうに水遊びをしてて、うちの子もはだしで水の中に入って遊んでいたんですが、やはり蘭蘭は退屈そうにし始めたので即撤退。

高校生を楽しませるのってなかなか難しい。

 

帰りにアイス買って食べてるときはうれしそうにしてた。

やっぱり女子高生にはスイーツか。

 

まあでもこれでまた1つ思い出ができたかな?

ホストファミリーはつづく

もうすぐ蘭蘭が帰国することはご承知の通りなんですが、その後は通年通り夏休み中に2週間ボランティアでの受け入れをする予定になっている我が家です。まだどんな子が来るか分かりませんが、これは毎年の恒例行事として我が家が楽しみにしている受け入れです。2週間くらいが特別感もあるしお互い悪い部分を見せずに済むし、ちょうどいいなといつも思います。それにボランティアで受け入れる期間としてはうちはこれくらいがギリギリかな~(笑)。

 

この前、完全ボランティアで1年間高校生を受け入れたことのある方のお話を伺う機会があったのですが、やはり完全ボランティアと、いくらか報酬があるのとでは、ホストの気持ちが全然違うとおっしゃっていました。1年間というとそりゃ色々ありますよね。相手は高校生だし、機嫌が悪くなったりわがままを言ったりすることだってあるでしょう。

高校生1人住まわせたら、食費、ガス代、電気代、水道代、冷暖房費、それにちょっとしたお出かけなどなど1年で結構な費用ですよね。

 

蘭蘭は1年4か月我が家にいたことになりますが、今後またこんな長期の受け入れをする日が来るのかなあ?
家族ではない誰かが家にいるっていうのはストレスもあるんですが、でも多分今後も依頼があれば喜んで受け入れるんだろうねって昨日も夫と話したところです。夫もそんなに社交的な方でもないくせに、結局好きなんでしょうね。
似たもの同士で結婚できてよかったと思います。

うちは近くに日本語学校があるような場所ではないのでホームステイの需要自体そんなに多くないのですが、調べてみるとホームステイ以外にも、外国人の観光客などを家に招いて数時間だけ交流するホームビジットなるものとかもあって、こういうのもいいかもなんて思っています。特にホームステイまではちょっと・・・という方にはお勧めかもしれませんね。

 

我が家が体験することがあれば、またご報告いたします。

 

籠る・留学生

久しぶりにホストファミリーとしての日記を。

 

蘭蘭はあと1ヵ月ほどで帰国が決まったわけですが、まだまだ一緒にいられると思ってた我が家としては「最後に何かしなきゃいけないのでは?!」と急にそわそわ。

 

けど、結局試験とかクラブとか彼女の友達との予定とかでまあ予定が入れられない。結局、最後はどっかに食事にでも行くかってことで落ち着いています。

 

もともとあまりアウトドアなタイプではない蘭蘭、最初の頃はたまに遠出とか一緒にしていたんですが、どこか行ってもすぐ疲れたり帰りたいと言ったりするため連れて行き甲斐がないというか何というかで、そのうち一緒に出掛けなくなってしまった・・・という感じ💦中国からお母さんが来た時なんかも「観光に行く予定だったけど面倒になってホテルでだらだらしてた」とか言ってたし。

 

最初の頃は何気ない買い物とかも一緒に行ったり、夕食の後はしばらくリビングで過ごしたりすることもあったのですが、最近は買い物にもついてこないし夕食も自分が食べ終わったらさっさと部屋に行っちゃうし、週末なんかも家にいても部屋から出てこない。さらには週末の朝昼は自分の部屋で自分が買ってきた好きなものを食べるので夕食の数十分しか一緒にいなかったりすることも。

 

これってホームステイなの?

 

って、こっちが思っちゃうこともありましたが、まあ彼女の場合はこれからカナダに行くわけでホストと日本語で会話して日本語能力を伸ばすという目的ももうないのかなあ・・とか思ったり。それにまあ相手は高校生だし、高校生なんて家ではこんなもんかな~と自分のそのころを思い返してみたり。他のホストさんたちと交流した時もこういうのって結構共通の悩み(?)みたいで。

ホストとしてはなんだか物足りないような感じもしますが、まあ長期だとこうなっちゃうのかもしれませんね。長期は初めてだし、まあ人によっても違うのかもしれませんが。

蘭蘭は本当に手がかからない分楽な子だと思うから、きっといつかすっごい手がかかる子が来たりしたら「蘭蘭は良かったよな~」って思っちゃうんだろうけど。

 

留学生ともう1年も一緒にいると言うと、よく「じゃあもう家族みたいなもんだね」って言われるんですが、正直、家族のようにはまだ思えない自分がいるのも否めない。
やっぱり相性なのかなあ~。たった1泊でもすぐ打ち解けられた人もいるし、こればかりは長さではないのかも。難しいね。

 

でも娘は蘭蘭がいなくなるのを寂しい寂しいと言っているから、少なくとも彼女にはいい影響があったんだろうなと嬉しく思っています。

親離れ

小学3年生の娘、最近は週末も友達と遊ぶのが楽しくて仕方なく、2年生の終わりくらいになると家族で出かけるよりも友達と遊んでいたいと言うように・・・。

 

こうして徐々に親よりも友達といる方が楽しくなってくるのね~。

まだまだ甘えん坊で夜は一緒に寝ようと言うし、一緒に歩いていれば手をつないだりしてくれるのですが、これもそろそろカウントダウンなのか・・・。
自立していく姿はうれしくもあり、悲しくもあり・・・・。

 

最近の小学生は本当に忙しくて、3年生でも週に3日6時間授業なので帰宅するのは4時すぎ。それからおやつ食べて宿題したらもう遊ぶ時間はありません。
なのでうちの場合6時間目の日は遊べないと言っているので、4時間と5時間の日が楽しみで仕方ない。さらには土日も友達と遊びたい。

私が子供の頃は毎日のように遊んでいたからその気持ちは分かります。
今の子はその上習い事もたくさんやってるし、確実に遊ぶ時間は減っているよねえ。かわいそうに。

と言ってたら、蘭蘭が、

「中国の小学生は朝7時から夕方5時まで学校で勉強しているよ」

と・・・・。

 

ただ中国に生まれなくて良かったと思うだけです・・・(笑)。

夫のその後 9か月経過

去年の8月に癌が見つかり、8月末に手術を受けた夫。
その後念のための放射線治療もし、今はもうすっかり元通りの生活を送っています。

 

相変わらず月1回経過観察のために病院に通っていますが、あとは普通にしています。
最初の頃は本人も話す時に舌に違和感があり思うように発音できないことから、電話などどうしても自分でしないといけない時以外は私にかけてほしいと言ってきたりしていましたが、今は普通に自分でかけています。

やはり言葉はちょっと聞き取りにくくなったと思いますが、日常生活に支障のない範囲だと思います。

 

あ!

 

今思ったんですが、うちの留学生蘭蘭は夫とはあまり話さないんですがもしかしたらこれが原因なのかな???

英語とかでも、すごく聞き取りやすく話す人と、何言ってるのか聞き取りにくい人っているものですが、もしかして彼は蘭蘭にとって「聞き取りにくい日本語を話す人」になってるのかな?

私もホームステイした時、たまに来るおじいちゃんの英語がまったく分からなくて困った記憶がありますが・・・。

 

まあとにかく、この普段の生活がずっと続くことを祈るばかりです。
それに自分の健康もね。今年もきちんと検診を受けましょう。